動く、動く★水瀬いのり・久保ユリカ★アニメ『少女終末旅行』

331曲目の神曲は、「動く、動く」。
テレビアニメ『少女終末旅行』のオープニングテーマです。

リズミカルで覚えやすく、かわいくて楽しい、そしてくせになるハッピーな曲です。
単調なリズムの繰り返し部分がいい味わいを出していて、その中に楽し気な音が混じっていたりします。
いくつかの言葉が印象的に頭にこびりつきますが、特に「うごく、うごく」の言葉が妙に気持ちよく、面白いです。
何回も繰り返し聴いていたくなるような、不思議な魅力のある曲です。

歌っているのは、アニメのメインキャラクターのチトとユーリを演じている声優:水瀬いのりと久保ユリカ。
声優さんらしい可愛い声質で、ほのぼのした感じの歌い方が、この曲の好印象を作り上げています。

歌詞の中の印象的な言葉は、日本語の言葉に聞こえますが、歌詞を見てみると実は英語になっています。
つまり、空耳的に日本語に聞こえるということになります。
実際のところ、日本語として歌っていると思うのですが、「英語の歌詞を日本語に聴こえるように歌っている」のだそうです。

「きしむ」→「kick she mood」(彼女は気分をキックする)
「うごく、うごく」→「we go walk」(私たちは歩く)
「あるきだせ」→「a looking that's said」(言った探している)
「おどりだせ」→「on dreaming that's said」(それを夢見て)
「うごきだせ」→「we go walking that's said」(私たちは歩いて行くと言われている)
「すすむ」→「throw through move」(投げる・通して・動く)
「わらいだせ」→「what lying that's said」(何が言われている嘘)
※( )内はGoogle翻訳での訳です。

goal、jokeなどそのまま英語のところもあり、逆に「call」→「凍る」みたいに日本語が英語に聞こえたり、ことば遊びが盛り込まれているようで、日本語なのか英語なのか聴き分けてみる楽しみ方もありかも。

アニメは、Webサイト『くらげバンチ』で連載された漫画をアニメ化したもので、文明が滅んで長い年月が経ち廃墟となった巨大都市を舞台としながらも、ほのぼのと生き抜く日常を描くという異色のファンタジーです。




歌:チト(声優:水瀬いのり)/ユーリ(声優:久保ユリカ)
作詞:毛蟹
作曲:毛蟹
編曲:毛蟹
リリース:2017年11月29日



51UHGe9Z6oL._AC_US200_.jpg




 ↓ クリックお願いします ↓

J-POPランキング


この記事へのコメント