X.U.★SawanoHiroyuki[nZk]:Gemie★アニメ『終わりのセラフ』

350曲目の神曲は、X.U.(エックス・ユー)。
テレビアニメ『終わりのセラフ』のオープニングテーマです。

アニメ『終わりのセラフ』は、原作:鏡貴也、漫画:山本ヤマト、コンテ構成:降矢大輔により作られた漫画作品をアニメ化したものです。
ジャンルは、ダークファンタジー。
ウイルスにより大人たちが死に絶え、崩壊した人間社会が舞台で、吸血鬼たちが住む地下都市で奴隷のように生きている子供たちの物語です。
セラフというのは、最上位の天使を指す熾天使(してんし)のことです。

歌っているのはSawanoHiroyuki[nZk]:Gemieで、ボーカルとしてGemie(ジェミー)を招いた澤野弘之によるボーカルプロジェクトということになります。
このブログでは以前、SawanoHiroyuki[nZK]:Tielle & GemieのgravityWallsh0utを紹介していますが、そのGemieが初めてSawanoHiroyuki[nZK]に招かれたのがこの曲でした。
音楽ナタリーの特集インタビューによると、澤野弘之は「アヴリル・ラヴィーンとか洋楽をカバーしてそうなタイプがいいなあ」というイメージから、GemieをYouTubeで検索して見つけたそうです。

Gemieのオフィシャルブログに書かれているプロフィールは、以下のとおり。
1)愛媛県松山市出身
2)シンガーソングライターとして活動するときは、「R!N」の名称
3)ボーカリストとして活動するときは、「Gemie」の名称
4)英語、セブアノ語(フィリピン)、日本語の3ヶ国語を話せる

X.U.はすべて英語の歌詞ですが、その語学力と歌唱力によってみごとに歌いこなし、カッコよくてきれいなボーカルで魅了してくれます。
曲はデジタルサウンドが印象的なイントロで始まり、アップテンポで疾走感のあるビートが気持ちをワクワクさせ、サビで解放されるボーカルがとてもクールです。
SawanoHiroyuki[nZk]ボーカルプロジェクトらしい、とにかくカッコいい歌です。



歌:SawanoHiroyuki[nZk]:Gemie
作詞:Benjamin & mpi
作曲:澤野弘之
編曲:澤野弘之
リリース:2015年5月20日



51U5KuCcvEL._AC_US200_.jpg




 ↓ クリックお願いします ↓

J-POPランキング


この記事へのコメント