Resuscitated Hope★コミネリサ★アニメ『GOSICK -ゴシック-』

371曲目の神曲は、Resuscitated Hope(リサスィテイティド・ホープ)。
テレビアニメ『GOSICK -ゴシック-』のエンディングテーマです。

Resuscitated Hopeの意味は、Google翻訳によると「蘇生した希望」。
また、resuscitateには「生かす」・「活かす」という意味があります。

『GOSICK -ゴシック-』は、桜庭一樹の推理小説をアニメ化したもので、漫画化もされています。
文庫小説版で挿絵を担当したのが武田日向で、漫画化・アニメ化のキャラクターは、その挿絵を元に描かれてたそうです。

悲しく困難な現実の中で、それでも力強く歩いて行こうとする、主人公ヴィクトリカの心情をつづったような切ない歌詞が、物語の世界観を表しているようです。
重厚で美しい曲調も、それを後押しします。

歌っているのは、数多くのアニメテーマ曲を歌っている実力派歌手のコミネリサ。
圧倒的な歌唱力と心地よく深みのあるボーカルが、アニメ『GOSICK -ゴシック-』の世界に引き込んでくれます。



歌:コミネリサ
作詞:渡部 紫緒
作曲:坂部 剛
編曲:坂部 剛
リリース:2011年4月27日



61e8trDbQEL._SL160_.jpg




 ↓ クリックお願いします ↓

J-POPランキング


この記事へのコメント